ローンキャッシングしたケースは、返済をする時には利子を上乗せした返済になるのは知っていると思います。金融会社は利益をターゲットにした企業なのですから無論問題ありません。とは言ってもお金を返す方は、少しでも少なく返金したいと思うのが本当の気持ちでしょう。利息制限法が施行される一世代前は、30%近い利息を支払わされてましたが、適用後は高利息でも18%位といくぶん低く決められているので、とっても良くなったと思います。現在のローンキャッシングの利息の枠は4%位から18%位の間に決められていて、利用可能額により決められます。利用上限額は申込者の査定によって決定します。総量制限により年の収入の1/3までと決められていますので、年収がどの程度なのか?どういう職業なのか?キャッシングカードの使用状況はどうなのか?等が確認され与信額としてキャッシングサービスの内容が決められます。カードローンの場合使用可能金額が10万円〜800万円(各企業でサービスは一様ではありません)と広い幅があります。そうしてその範囲の中で決められた使用可能金額により利子も決まってしまいます。50万円なら年率18%、300万円なら年間12%、800万円なら年率4%といった感じになるはずです。結局、査定が上がれば、貸付可能金額も良くなり、利息も下がります。これに疑問を覚えるのは私だけでしょうか?余談となってしまいますが、金融会社にとって、それらの事実は当然でしょうが、年の収入の多い人がキャッシングローンの必要があると思えませんし、仮にお金を借りた時でも金利が良かろうが悪かろうが支払いに苦労する事はないです。反対に収入の低い人は咄嗟にお金が必要だから借りるという人が多く、利息が悪いとお金の返済に悩むはずです。このため可能範囲の低い人にこそ低利子で使用できるようにする必要があるのではないでしょうか。これらは使う視点からの考えではあります。この事を考えると、金利を安くする為にはどうしたら良いのか、何となく気付いたはずです。事実、これから書く方法で、手続きを申し込む人が大多数なので紹介しますと、カードローンの申請をする際に、一年の収入の1/3ぎりぎりの金額まで申し込むのです。年収450万円なら150万円。申し込み、カードローン審査で申し込んだMAXの金額が通ればそれだけ金利が低いキャッシングカードを手に入れることができるのです。だからと言って限度額ギリギリまで利用しなければならないわけではありません。10万円でも50万円でも必要な分だけ使用できます。さらに最高利用可能枠が300万円で最低利率年7%位の金融会社もあります。その企業に手続きをすればその企業の最低利率で受ける事ができるようになります。どうですか?見方次第で低利子のキャッシングカードを持参することが出来るのです。自分の年収とカード会社の金利を比べて、考える事に時間を割けば、より望ましい条件で返済ができるので、面倒だと思わずチェックするようにしなければなりません。